スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効率よく利益を出す一つの視点

■効率よく利益を出す=一度に多くの方の役に立つこと

一度に多くの方の役に立つことを分解してみる。

一度に…二度三度ではなく、少ない回数で成果を出すことが高効率。

多くの方の…一人の商品・サービス提供者に対して、顧客が一人ないし少数であると、その提供できる価値の合計には限りが見えてしまう。つまり、レバレッジがきかない。顧客が多ければ多いほど提供する価値の合計も多く、かつ対価も大きくなることが期待できる。

役に立つ…役に立つとは、すなわち対価を得られることにある。迷惑をかけたり、価値を提供しなければ対価は得られない。

つまり、「一度に多くの方の役に立つこと」で、効率良く顧客を喜ばせて価値を生み、かつ対価を得ることができるのである。

<まとめ>
・価値提供に多くのプロセスをかけていないか?
・一度に対峙する顧客は限られていないか?
・本当に顧客の役に立っているか?





スポンサーサイト

コメント

すげかったw

なんか4万もらって、おま☆こハメハメしてきたww

にゅるにゅる絡みついてきて、すんげー気持ちよかったよw
http://anusu.net/f12/2xr3s1c/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。