スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益を上げる基本思考

利益を出すには、売上を上げるか、経費を抑えるしかない。
例えば、利益率を改善することはすなわち経費を抑えること。
<利益率=利益/売上>であり、売上を上げると分母が増加するから売上は一定とする。経費を削るほかに利益率を上げる事はできない。

例えば、生産性を上げることは売上を上げること。
<生産性=売上/時間や人数>であり、同じ時間や人数でより多くの売上を上げることに他ならない。

指標は色々あるが、結局、利益を出すには、売上を上げるか、経費を抑えるしかない。


さて決算書を分析してみる。

売上を伸ばして経費を抑える、それが理想だが、優先順位付けも重要である。
改善余地が大きいのは①売上増か?②経費減か?

①売上増
売上を構成している要素はなにか。例えば某カフェなら、①飲食売上②貸し会議室売上、となる。
飲食売上は、コーヒーがあって紅茶があって、ブルーマウンテンがあってロイヤルミルクティーがあって、ケーキがあって、サンドイッチがあって…
集客方法はHPのサイトに載せて呼び込むか、店舗にふらっとやってくるか。

客単価を見たら客単価が低いから、セットを考えよう。ケーキセット。サイトに載せて、割引をする。店頭にスタッフを立たせてチラシを配る。会議室使用を前面に押し出す。企業向け。勉強会向け…

②経費減
この宣伝広告費、本当に効果出ているのか?
交際費が多いな…
合理性のある支出か?割合は、額は?同業他社と比べてどうか?


要素を細かく分けて、正常値、異常値や、注力する策を選び、ひとつずつ納期を決めて実行していく。


<まとめ>
利益を出すために、売上を上げ、経費を抑えるために、選択と集中。細分化。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。